在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

放射能による精神的身体的ストレス時に使われるハーブ

Eleutherococcus senticosus シベリア人参

メディカルハーブとしての効果

1.ストレス適応能力

 血液の損失、ショック/トラウマ、手術、放射能や有害物質にさらされること、
 化学物質によって誘発されたがん、ナルコティックス等のドラッグ、寒さ/暑さ
 などからうける精神的身体的ストレスに対して個人の適応力を上昇させる

 長期/短期ともに効果的。

 〈アクションのメカニズム〉
 ストレスホルモンを生成分泌する副腎皮質の過機能を抑制し、その肥大や萎縮を妨げる
 副腎皮質におけるアスコルビン酸の枯渇を防ぐ
 血液中の糖の調整→高血糖/低血糖ともにバランス

2.免疫機能

 末梢血中の白血球、細胞傷害性T細胞、ヘルパーT細胞、B&Tリンパ球の数を上昇させる
 インターフェロンの生成を上昇させる

免疫機能に関わる働きは、副腎皮質への働きかけによって間接的におこなわれるので、
他の免疫系のハーブとはそのプロセスにおいて違いがあります。

注意:シベリア人参は韓国のものとは別物です。人参系なので刺激はありますが、
よりマイルドで鎮静効果が高く、脈拍や血圧に対する作用もほとんどありません。
ただし、処方薬を飲んでいる方、循環器系疾患と病歴のある方は、
服用前にかならず専門家にコンサルトしてください。

12歳以下のこども、授乳中、妊娠中、リウマチなどの自己免疫性疾患には、
シベリア人参は服用しないこと。

体内で感染が起きている場合、たとえば風邪やインフルエンザには服用しないこと。
症状が治まって回復したなと思ったらハーブの服用OKです。
 
研究で効果を出しているのはアルコールで抽出されたリキッドエクストラクトもしくは
有効成分の単体抽出液、もしくは高い服用量の錠剤です。
日本で入手できる濃縮液をグリセトラクトに溶かしたエキスや乾燥ハーブは、
比較するとかなりマイルドな効果になると思います。

それでも毎日少しずつ服用することで、なかなかの効果を上げることは出来ると思います。
韓国の人参で頭が痛くなる人は、むしろシベリア人参が良いかもしれません。

シベリア人参はシングルで服用してもそこそこの効果はありますが、
個人の体質や疾患に併せて他2、3のハーブと混ぜて使うと、
体内でキックインする時間を短縮させることが出来ます。

服用量の高いハイドースハーブなので、乾燥ハーブを使う場合は
パッケージに書いてあるよりも長時間煮だします。

たとえば、寝る前に2時間ほど煮出し、火を止めてからそのまま朝まで放置し、
翌日から漉して飲みます。一日3、4回が目安。

寝る前に飲んだら頭が冴えて眠れなくなっちゃった!という方もおられるかも。
マイルドとはいえ一応人参なので、そういう人は寝しなに飲むのはやめましょう。

個人的にこのハーブには常にお世話になっています。
一般的にストレスを感じる状況のときはたいてい使える便利なハーブです。
引越、クリスマス、お正月、結婚、離婚、手術、受験や試験前、介護疲れ、夫婦喧嘩、
講演前ですごく上がっているときも、、、、。
[PR]
by naturopathic_view | 2011-03-21 11:18 | Coffee, Tea, or Me