在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

<   2010年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

私は朝シャンの洗礼をどっぷりと受けた世代である。
中学時代は聖子ちゃんカット全盛。
クラスの女の子達は朝丁寧にシャンプーし、甘いリンスの香りをさせ完璧なブロースタイルで登校した。
朝のヘアスタイルの出来映えは、その日の良し悪しを少なからず左右したものだ。

朝シャンが流行る前、毎日シャンプーを、しかも朝する同級生は皆無だった。
髪は2、3日に一度、夜お風呂に入った時に洗うという子が一般的だったように思う。
それが中学入学を境に事情は変わった。

朝シャンが習慣化したころから気になりだしたのは、髪の傷みである。
毎日のドライヤーでツヤが失せた髪は茶色に変色し、毛先は枝毛だらけ。
髪全体が乾燥しているのに、一日シャンプーを休むと地肌はべっとりしてしまう。

これを解決すべく、新商品シャンプー&リンスを次から次へとトライ。
ドライヤーの熱から髪を守るヘアウォーター、ツヤの出るヘアムースやクリーム、枝毛をくっつけるコート剤にもせっせと投資した。
朝シャンで2度洗い&ドライヤー→髪が乾燥→スタイリング剤でカバー、このサイクルが10年近く続いただろうか。
髪の健康が戻ってきたのは、ヨーロッパを6か月間バックパックで旅行してからである。

水がろくに出ないヨーロッパのホステルでは、朝シャンはおろか毎日のシャワーもままならない。
しかも硬水で髪はゴワゴワ、まとめ髪にするほか選択の余地はなかった。
シャンプーは2、3日に1度、ブローなし、スタイリング剤なしで6か月。
はじめのうち地肌から出るオイルとカユミでとても不快だったものの、1ヶ月もするとそれも消え、油臭さもなくなった。
日本に帰る頃には、黒髪にコシ、ハリ、ツヤがきれいに戻ってきたのである。

皮膚の生理学を理解した今、髪や肌はシンプルなお手入れで充分なのだと痛感する。
外仕事をしていなければその日の油汚れはお湯だけでも落ちる。
2度洗いシャンプーを毎日していたら、地肌も髪も悲鳴を上げて当然だ。
これでは地肌と髪を守るため、ナカからオイルを出す速度が倍速になってしまう。
髪はコンスタントな外刺激に弱いから、しだいに弱くなり輝きは失われる。

当時の自分は、きれいになりたかったとはいえ、シャンプーし過ぎの髪かまい過ぎ。
志は良かったがやり方が間違っていた。

さて、男性も女性も健康な髪をキープする秘訣は同じ、すべては毛根と地肌の健康にかかっている。
身体にとって髪や爪は生命維持に最も影響しないため、中からの栄養が行き渡るのは一番最後。
しかしストレスの影響は、髪・爪・地肌の健康にすぐに現れてしまう。
バランスのとれた食事や新鮮な水をしっかり飲むことのほか、リラクゼーションは髪にとても大切なのは言うまでもない。

このほか髪と地肌の健康を保つ秘訣は、たったの3つ。

1.シャンプーは髪と地肌を傷めない原料で作られたものを選ぶこと。なるべく化学物質を含んでいないこと。もちろん毎日のシャンプーは必要なし!
2.髪に負担をかけるスタイリング剤は使いすぎないこと。水でよく洗うまで落ちないようなものは毛根に負荷をかけるのでNG。
3.ボリュームが減ってきた、抜け毛が増えた、など気になる兆候がでてきたら、シアバターで迷わず地肌のマッサージを開始すること。毎日がベスト!

ところで、朝シャンブームと共に飛ぶように売れたシャワー付き洗面台。
我が家ではまだまだ健在だ。
近頃は、母の毛染めを手伝うのにとても重宝している。
自分が使うことは多分、もうないと思うが。
[PR]
by naturopathic_view | 2010-04-28 22:18 | クリニック
私事ではありますが、先日めでたくお誕生日を迎えたNVです。
皆様からいろいろなプレゼントを頂き、嬉しい思いでいっぱいです!
そこで、今日は御礼もかねて一部をご紹介します。

b0157197_1924943.jpgナチュロパシーランチセミナーでお世話になっているのりカフェさんからは、モルドバ産ドライフルーツの蜂蜜漬けを頂きました。ズームすると、はちみつをたっぷり吸い込んだフルーツがきらきらしてとってもきれい。

b0157197_1933260.jpg

のりカフェさん、どうもありがとうございました!さっぱりとしていてとても美味しいですよ。

b0157197_21753.jpg

いつもセミナーに参加してくださる、素敵なHTさんから頂いた靴用炭デオドラント。
この方と会うたび「響」「凛」といった言葉が浮かぶNV、、、
HTさん、いつも愛用させていただいています、どうもありがとう!
靴は、私の大好きなカフェ/雑貨店サイマーケット店長YMさんと色違いのお揃いです。
写真では見えないけれど、足の指丘クッションがついていて歩くと刺激が、、、!

b0157197_20564688.jpg

こちらは、やはりいつもセミナーに参加してくださるプルメリアヒルさんから。このサロンさんは「心づくし」ということばが本当にしっくりきます。
さすが、ヘアケアグッズも100%自然派です。
プルメリアヒルさん、どうもありがとうございました。

b0157197_20573322.jpg

心の友Aちゃんからのフランス土産&巨大エコバッグ。
ワークショップのための大荷物を抱えて移動する私を見て、仕事がちょっとでも楽しくなればと、エネルギーがリフトアップするブライトオレンジを選んでくれました。
Thanks Anita, you are the star!!!

b0157197_20591092.jpg

いつもセンスの香るお土産を下さる、リメディアルマッサージのサロンウキオーナーHNさんをはじめ、NVのおやつタイム好きを知る皆さん、ツボを心得たプレゼントありがとうございました。

b0157197_2114841.jpg

メルボルンのS&Bさま、NVのフェアトレード思考を読んでくださり、来日前の忙しいさなかにOXfarmでゲットしてくださいました。
わざわざオーストラリアから重いのにもってきてくれてありがとう!

b0157197_2132445.jpg

最後に、20年来の友人兼マザーアース代表KAさんからのペンケース。NVのステーショナリー好き&仕事カラーをしっかりおさえているチョイス。
さすが社長です!
これからもマザーアースを盛り上げるだけ盛り上げてゆきたいですね!

毎年誕生日はハッピーなのですが、今年も、生きているのが大好きで感謝にあふれ、周りの人と自分も、すべてが愛せる最高の誕生日を迎えることが出来ました。
自分は恵まれいてしあわせだなあと、心から思えることにも感謝です。

皆様ほんとうにありがとうございました。
[PR]
by naturopathic_view | 2010-04-17 18:55 | Coffee, Tea, or Me

Happy Easter!

happy easter everyone!
b0157197_10184183.jpg

イースターの週末は友人/仕事仲間のお家でお花見BBQパーティーでした。
カナダでは各自お手製の料理を持ち寄ってパーティーすることを「ポットラックパーティー」と言いますが、この日のパーティーも「ポットラック」。
パーティーする側も楽で、参加する方もお土産やお返しのことを考えなくていい「ポットラック」はカジュアルで気の置けない仲間と集まるにはうってつけです。
私も含めてみんな普段は粗食だけれど、こういうときこそ「ご馳走」がならびます。

b0157197_10235533.jpg
子供達も美味しい料理に大興奮!

b0157197_10415529.jpg











ホストはフランス人ファミリー、おいしいチーズやソーセージはやっぱり出てきました。写真はヘーゼルナッツ入りのソシソン。

b0157197_10552675.jpg
b0157197_1123716.jpg





この家のオーブンはクリスマスターキーが2つ入るアメリカンサイズ。
キッシュも2台いっぺんに焼けちゃいます。(いいな〜欲しいな〜!)
これはトマトとモッツアレラ。タマネギと茸のキッシュも美味しかったです。

春の定番、ちらし寿司ですが、フランス人Lさんのお手製。ごはんの味付けといい、なめらかな卵の薄焼き加減といい完璧!


b0157197_11125120.jpg







デザートは、コーヒーとバナナケーキ、NV持参のこしあん入りタピオカココナツミルクプリン。
お替わりしてくれる人もいてホッ!
皆気に入ってくれてよかった〜
[PR]
by naturopathic_view | 2010-04-05 10:18 | Coffee, Tea, or Me

マンゴーとパイナップル

b0157197_1271443.jpg
今日のおやつはピープルツリーでもらったドライマンゴーです。

日本に来てから滅多にお目にかからないマンゴー、大好物なのでちょっと悲しい。
乾燥でもいいけど、やっぱりマンゴーは生でしょう!

亜熱帯の豪・クイーンズランド州はマンゴー天国で、我が家にもマンゴーの木がありました。
ここはマンゴーだけでなく、バナナ、パイナップル、コーヒーのほか、東南アジア原産の南国フルーツもよく育ちます。

オーガニックパイナップルを買ってきて、とげとげの葉の根元下2cmをざくっと切り、根元の周りをトリミングして、陽のあたるよく肥えた土に埋めてやると、やがて根が生えてきます。
そのうち新しい葉っぱが中心から出てきて、立派な観葉植物に早変わり。
実がつくのは2年目からで、中心からにょきっと出てきて、やがて立派なパイナップルに育ちます。

このやり方でうちの庭でもいくつもパイナップルを収穫したのですが、産直朝市に行くと、ハイシーズンでは1個2ドル(150円しない)程度で売られていたりする!安いですね〜
時間とスペースがかかる割には、作っている方には実入りが少ない悲しいパイナップル。

でも生産者が大型スーパーに卸すとき、ハイシーズンのパイナップル1個は、2ドルどころか20からせいぜい50セント程度でしか買ってもらえません。
その点、産直朝市では2ドルはまるまる生産者の収入になるし、直前に収穫されているから鮮度も違います。
地元のマーケットは生産者にとっても、消費者にとってもウィン−ウィン(win-win)ですよね。

お買い物はなるべく地元の生産者から直接買うことは、私がオーストラリアに引っ越した頃から実践していることのひとつ。

あれ,話がマンゴーからパイナップルに変わっちゃいましたね!
[PR]
by naturopathic_view | 2010-04-02 12:07 | Coffee, Tea, or Me