在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シアバターは体温で溶けるワックス状オイルなので、少量を手のひらに伸ばして溶かし、透明になったところで肌になじませるようにしてつける。
このときに、手のひら全面でシアバターを肌に押し込めるような感覚で、手のひらと肌の温度差がなくなりお互いのぬくもりが感じられるくらいまでなじませるのがベスト。
ポジションを少しずつずらしながら、この方法でまんべんなく浸透させると、べたつきはまず起きない。

シアバターに限らず、モイスチャライザーの使い方としても「手のひらに伸ばし手でおさえるようにつけましょう」と指示されていることが多い。
その理由は、手のひらに伸ばすと体温とオイルの温度が近づく→オイルの肌なじみが良くなるから。

体温より少し高いぬるま湯(38℃くらい)は肌の免疫機能を高め、バリア機能を正常化させる。
「熱いお湯で顔を洗うとシワの原因になる」というのは有名だが、42℃を超える熱いお湯を使うとバリア機能は落ちる。

肌のバリアは、皮膚内の免疫システムだけでなく、体温調節システムもちゃんと働いていないと機能しない。
免疫系は、体温が一定の範囲内であればこそフルに機能でき、高すぎても低すぎてもパフォーマンスが落ちてしまう。

血液の循環が良いと、身体は温かく保たれ、細胞と血管の間で酸素・老廃物・栄養素の入れ替わりもスムースにいくようになる。
身体の中から健康になり、透明感のある輝く素肌がよみがえる。

また、美肌といえば見逃せないのが温泉などのお風呂の効果。
シアバターをつけるタイミングとしては「お風呂上がりに」をおすすめする所以でもある。

熱すぎないお風呂に(38〜42℃)のんびり20分くらい浸かっていると、熱というストレスに伴い「ヒートショックプロテイン」というたんぱく質が体内で上昇する。
ヒートショックプロテインは、ダメージを受けたたんぱく質を修復・排除する役割がある。
つまり、筋肉疲労・紫外線や空気汚染でダメージを受けた肌・疲れた神経・乱れたホルモンなど、たんぱく質がからむ機能の低下から、健康を回復させてくれる頼もしい味方なのだ。

ただし「熱すぎないお風呂に20分」というところがミソで、この条件下でないとヒートショックプロテインは増えてくれない。
よって、シャワーよりはお風呂にしっかりつかることがお勧め。
また、熱ストレスに伴って上昇するプロテインなので、このストレスに身体が慣れっこになってしまうと効果は薄れるらしい。
必要以上の長湯や連日何時間もおうちスパをする必要はないわけで、忙しい私達としては逆にありがたいかも。

さて、入浴後、体内での免疫システムが活性化され血液の循環も良くなったところでシアバターを皮膚に浸透させると、リンパのある真皮に届いたシアバターの栄養成分が、皮膚構造全体にゆきわたる。
シアバターのように真皮に届き、保水をしながら細胞に栄養を与えることができるエージェントは加齢対し確実に対抗できる。

40代後半から深刻化する、加齢に関連した変化の多くは真皮にみられるそうだ。
ショッキングな記述だが、真皮のコラーゲンの減少とともにヒトの皮膚は「強度が失われ、ばらばらになり、破壊されて形が崩れ、もつれた状態になる(“トートラ人体解剖学”より)」という。
シミ・シワ・たるみのできるわけは、これなのだ。

こうして見てゆくと。美肌の秘訣は肌の建材も含めいかにバリア機能をキープするか、につきるのだなと思う。
マッサージや機能性美容液などいろいろあるけれど、ナチュロパスである自分としてのお勧めは3つ。

1.身体を動かすことで血液の循環を良くする(血行は顔だけ良くてもだめです)
2.笑って顔の筋肉を動かす(どんなマッサージよりも効果的)
3.手のぬくもりと気持ちを入れて「お手入れ」する(毎日自分を愛そう!)
[PR]
by naturopathic_view | 2010-02-14 21:00 | クリニック
春のディトックス
身体の中からすっきりさっぱりする
自然療法

毎年恒例の春のディトックスセミナーです。
今年はディトックスに挑戦してみたい!というかたぜひどうぞ。
わかりやすくて実践できる基本のディトックス法をしっかりご紹介します。

★★★★★★★★★★★★★★★★

体内に蓄積された毒素の排出を促すことをディトックス(Detoxification)と言います。春は身体が目覚めて夏に向けてシフトチェンジをするとき。日本では昔から春先に苦みのある野菜を食し、肝臓の働きを刺激する伝統がありますが、これはまったく理にかなったことなのですね。

今回のナチュロパシック・セミナーでは、冬の間にたまった老廃物を速やかに排出し、身も心も軽くなるための、初心者にも安全で効果的なディトックス法をご紹介します。
また、このディトックスを様々な角度から検証すると共に、肝臓を含む消化器系の働きについて詳しく学びます。

******************************

【日時】  3月3日 水曜日 11:00〜14:00
      3月9日 火曜日 10:30〜13:30

【場所】  マザーアース有限会社(大井町線等々力駅徒歩3分)
      東京都世田谷区中町2−1−15     

【講師】  前田 アンヌ (オーストラリア公認ナチュロパス)

【参加費】 お一人様 4,800円(当日のランチと雑穀スイーツ込み)

【定員】  6名  (定員数が少ないのでお早めにお申し込みください。)

【お申し込み・お問い合わせ】 マザーアース有限会社 電話 03-5758-8397
URL: http://www.mother-earth-site.com  
Email: info@mother-earth-site.com

*ランチメニューは、雑穀エキスパート長谷川のりこさんによる手作りカフェ風ランチです。

★ランチ付きのセミナーの当日キャンセルにつきましては、参加費の50%をキャンセル料としてチャージさせていただきますのでご了承ください。
[PR]
by naturopathic_view | 2010-02-14 02:01 | セミナー情報