在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


これからの自分の基本を見つけるプロセス「更年期」

現代の日本女性は以前に比べ様々な生き方を選択できるようになり、平均寿命も85歳にまで延びています。「更年期の後は老年期に至る」というこれまでの単純な考え方にはもう当てはまらなくなってきました。

「寿命が延びることイコール老年期が長くなること」ではありません。
そう考えると、女性が一個人として新たな精神的成熟期を迎えるチャンスが、更年期後のアクティヴ・シニア時代にあるのではないでしょうか。

女性であれば出産・子育てをある程度終え、自分自身にもう一度帰り新たな方向性を見いだし、そして精神的に飛躍できるとき。年齢を経た穏やかなゆとりと、生殖機能から解放された軽いからだを手に入れ、本当の自分に集中できるとき。

更年期を経て、精神的肉体的な真のバランスと統合された精神を得、基本的な自分に還ることにより、更に美しく年を重ねることが出来るようになる素晴らしい時間が訪れるのです。

更年期はこころとからだの転換期

私たちの身体は更年期にその変化をゆっくりと起こし、私たち自身に語りかけます。
「身体はそろそろ変化します。心も準備して下さい。方向転換しますよ。」
身体は時間をかけてバランスを取っていきますが、あまり望ましくない症状が現れることも多く、これが「更年期障害」と呼ばれる所以です。
しかし、更年期が乗り越え無ければならない「障害」である必要はありません。
いわゆる「障害」なら更年期でなくてもたくさんあるのです。
 
ただし、このときだからこそ直面しなくてはならないことが出てきます。
それは「変化を受け入れること」そして「新しい自分と出会う」ということです。
これは簡単なようでいて、誰にとっても大変な挑戦なのです。

では、更年期に起こるこころとからだの様々な症状に対し、なるべく身体の摂理に沿った自然なやり方で、この時期をポジティヴにそしてより快適に過ごして行く方法があるのでしょうか?
そして、ついに更年期を終えたとき、 身体と心の健康を最適の状態で維持し、この実り豊かな新しいステージを存分に楽しむ為にはどのようなことに気をつけたらよいのでしょう?

これらの答えを探って行くために、女性の閉経にともなう身体の変化について、少しずつ理解を深めて行きましょう。

閉経に至るまで

一般的に40代中頃から月経時の出血回数が徐々に減り、何年もかけて完全な閉経に至ります。この過程で月経時以外の不定期な出血がある、月経周期に変化が起こる、または出血が長く重くなる等安定性の無い出血を経験される方が多いようです。
医学的には、月経が12ヶ月停止した時点で,閉経したとされます。
約10年続くといわれている更年期ですが、症状とそのピーク、そして更年期の期間にも個人差があります。

閉経時のホルモンバランスの崩れ

人間の身体は相対的に安定した状態を維持する「恒常性(ホメオスタシス)と呼ばれるシステムがあり、体の内外の変化にもかかわらず身体の内部環境を一定に維持します。
恒常性は身体の状態を休むこと無くモニターするフィードバックシステムによって維持されており、体内のホルモンの分量はこのシステムにより一定に保たれるしくみになっています。

更年期になると、卵巣がエストロゲンという性ホルモンを分泌することを止めますが、身体や脳がこれを認識するのには時間がかかります。
フィードバックシステムはエストロゲンの一定量を増やすべく生産を刺激するホルモンを大量に放出するように働きかけますが、肝心の卵巣はそれに反応しません。

このように、それまで産生されていたエストロゲンがもはやされなくなったことにより、ホルモンのバランスは大きく崩れます。このサイクルがある程度続くことにより、身体はついにこの状態を「通常である」と認識し始め、ついには受け入れるプロセスが更年期なのです。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-10-18 07:46 | クリニック
女性の健康な心とからだを自然療法で徹底サポート!
☆フィメール・リプロ(女性の生殖器系)を解析します


今回のセミナーでは、普段なかなか突っ込んで聞けない女性の生殖器系疾患と自然療法によるセルフケア法を解説します。

<主な内容>
➔ 女性の身体のリズム「自分のナチュラルサイクルを徹底的に把握する」
  ➔ ホルモンのバランスとは何のこと?
  ➔ 食からみた女性の味方!いったい何をどう食べたらいちばんいいの?
  ➔ メディカルハーブからみた女性の見方!このハーブに技あり。
  ➔ 更年期、前・後 私の身体はどうなっていくの?
  ➔ ビューティフル・エイジング 美しく年を重ねるために
  ➔ ワークショップ・キャンドル作りとマッサージ

さらに、今回のワークショップでは「シアバター・マッサージキャンドル」を作ります。
b0157197_620282.jpg
これはキャンドルとして使える以外に、溶けた暖かいロウをマッサージにも使える優れもの。
筋肉の痛みを和らげ、血液の循環を良くする精油も入れます。


【日時】  11月10日 火曜日 10:30〜13:30
      (ランチが30分入ります)

【場所】  バランス・ナチュロパシック・プラクティス
      (二子玉川駅徒歩5分)

【講師】  前田 アンヌ 
      (オーストラリア公認ナチュロパス)

【参加費】 お一人様 4800円
(レクチャー参加費、ワークショップ材料費、当日のランチと雑穀スイーツ込み)

【定員】  6名(定員数が少ないのでお早めにお申し込みください)

【お申し込み・お問い合わせ】 
お名前、連絡先電話番号、参加人数、メールアドレスをマザーアース有限会社まで電話又はメールでお寄せください。
 
 電話 03-5758-8397        
 info@mother-earth-site.com


*ランチメニューは、雑穀エキスパート長谷川のりこさんによる手作りカフェ風ランチです。
b0157197_662061.jpg
上の写真は以前のセミナーで出たムサカ
[PR]
by naturopathic_view | 2009-10-18 06:22 | セミナー情報
オーストラリアは世界レベルのトップアスリートを生み出す国で知られている。

“人口のおよそ85パーセントは、その大部分が砂浜のある海岸から50キロ以内に住んでいる”ということなので、水泳が強いのは頷けるが、それだけではない。

2008年の北京オリンピックでは、メダルの総数46個で世界第6位。
総人口がたったの2100万人であることを考えると、これはかなりすごいことだ。

世界チャンピオンは一夜にして生まれないが、国は選手の育成に時間とお金をしっかりつぎ込んできている。
一年間に国内スポーツ振興のために政府から支出される金額は約2億ドル(150億円以上)、これ加えて州や自治体も別予算をたっぷりとつぎ込む。

オーストラリアのエリート選手育成を主導しているのは、オーストラリア・インスティチュート・オブ・スポーツ (AIS) 。
政府からさらに別枠で予算をもらい、最高水準のスポーツ施設提供や選手の訓練・支援を行う。
現在AISでは、32種目のスポーツにおいて、75人を超えるコーチが、約700人の未来のオリンピアンを訓練しているという。

今どきのスポーツは科学的な側面からの貢献も大きい。
AIS のエリート選手たちは奨学金を得て有名コーチや監督から指導を受けられるだけでなく、 生物力学や生理学の科学者・医師・スポーツ心理学者・理学療法士・栄養士などによる支援も受けることが出来る。

さて、自然療法の認知度の高いオーストラリアでは、スポーツ医学の分野にナチュロパシーも入ってきている。
ホリスティック栄養学による最適な身体作りを始め、メディカルハーブをスタミナ維持のために、また身体的精神的ストレスにさらに適応できるように利用するアスリートも少なくない。

2008年に引退した競泳のイアン・ソープが、ヨガや呼吸法を週2回トレーニングに組み入れていたことで知られているが、彼のように従来とは違ったやり方で身体と精神をコントロールする選手も増えてきた。

オーストラリアで利用されているメディカルハーブの中には、テスタステロンを上昇させずに精神的身体的持久力を向上させる効果があるものも、実はある。
スポーツ前にスタミナドリンク等を飲んで効果のほどが今ひとつ感じられなかったら、ハーブをきちんとしたやり方で飲んでみると良い。

大会前の緊張などにセントジョンズワート、ラベンダー、五味子、ウィサニア等の鎮静作用のあるハーブがお勧めだ。
また、甘草やフェンネルなど消化を促すハーブは、婉曲的に自律神経も整えてくれるのでこれを食前か食後に飲むのもよい。

<ハーブの作用を高めて飲む作り方>
ハーブは夜寝る前に準備する。
水を沸騰させたお鍋にハーブを入れ火を止める。
鍋に蓋をしてそのまま朝までほっておく。

翌日には、濃いインフュージョンの出来上がり。
一度に1Lくらいまとめまとめて作って、翌日は1回分ずつ温めて飲む。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-10-04 11:07 | クリニック
b0157197_2348274.jpg
ピュアシアバターで作るマッサージキャンドルは、キャンドルとして使える以外に、溶けた暖かいロウをマッサージにも使える優れものです!

手作りしたキャンドルはお持ち帰りいただけます。

【日時】 10月18日(日)11:15〜13:00 

【場所】 神奈川県藤沢市オーガニック・ショッピングモール「 ecomo エコモ」イベントスペース

【参加費】お一人様1000円

【講師】
     栗田亜矢子(マザーアース㈲代表、アロマテラピスト)
     前田アンヌ(自然療法コンサルタント)

【持ち物】エプロン             

【定員】 10名

【お申込み・お問い合わせ】
  
  電話 03-5758-8397 
  E-mail: info@mother-earth-site.com
  申込み受付後、確認のご連絡を差し上げます。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-10-03 23:51 | セミナー情報