在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

すっかり秋めく今日この頃。
食べるものも冷麺やサラダは自然と欲しくなくなり、暖かい食事がしたくなる。

さて、禅寺の精進料理で朝食によく出るお粥。
これからの季節にぴったりの、身体が暖まる朝ごはんだ。

すったゴマをたっぷりとかけたり、具を里芋やサツマイモなどの芋類や、大豆や小豆などの豆類にすると腹持ちが良くなる。
たまご粥も消化によく、一日のスタートにぴったり。
豆類は毎日用意すると大変だから、一度にまとめて調理しておき小出しに使うと楽だ。

低温のクロックポットがあるともっと楽で、夜のうちに雑穀やお米、根菜類、豆、クコの実などを水かだし汁と一緒にポットに入れて、スイッチをオンにするだけ。
翌朝には栄養たっぷりのおいしいお粥が出来上がる。

洋風お粥といえばオートミール (Oatmeal)。
UKの影響を強く受けるオーストラリアではスコットランド風にポリッジ(Porridge)と言う。
お水か牛乳とカラスムギを1:4の割合で火にかけ、沸騰したら弱火にして5分程度たまにかき混ぜながら煮る。
お好みでドライフルーツを加えると砂糖を加えなくても甘みが出ておいしい。
お通じの気になる人は、ふすまを混ぜたポリッジを食べると良い。

ひんやりする秋の朝、ちょっと早起きしてお粥の朝ごはんはいかが?
[PR]
by naturopathic_view | 2009-09-20 10:36 | 栄養療法
風邪やインフルエンザに負けない身体づくり:身体の免疫システムを強くする方法

秋も深まり、空気の乾燥する季節がやってきます。
それと共にじわじわと流行りはじめるのが、風邪やインフルエンザ。

今回のレクチャーでは、自分の身体の免疫システムをしっかりと機能させ、ちょっとやそっとの感染に負けない身体づくりについてお話ししたいと思います。

 •風邪とインフルエンザの違い
 • 新型インフルエンザのイロハ
 •免疫系の働きを正しく知ろう
 •免疫システムをサポートする食事法、風邪のときに飲むハーブ解説

【日時】  10月21日 水曜日 11:00〜14:00
      (ランチが30分入ります)

【場所】  バランス・ナチュロパシック・プラクティス
      (二子玉川駅徒歩5分)

【講師】  前田 アンヌ 
      (オーストラリア公認ナチュロパス)

【参加費】 お一人様 4800円
(レクチャー費、当日のランチと雑穀スイーツ込み)

【定員】  6名(定員数が少ないのでお早めにお申し込みください)

【お申し込み・お問い合わせ】 
お名前、連絡先電話番号、参加人数、メールアドレスをマザーアース有限会社まで電話又はメールでお寄せください。
 
 電話 03-5758-8397        
 info@mother-earth-site.com

b0157197_20404894.jpg

*ランチメニューは、雑穀エキスパート長谷川のりこさんによる手作りカフェ風ランチです。上の写真は以前のランチセミナーで好評だったナシゴレンとガドガドサラダです。

[PR]
by naturopathic_view | 2009-09-18 20:42 | セミナー情報
スポーツをもっと楽しむために!
☆栄養学の基礎を知って怪我をしない身体をつくる☆


スポーツの秋がやってきました!
いつもアクティブな人も、そうでもない人も「今年の秋は身体を動かしたい」という方のために、大人のための栄養学の基礎をレクチャーします。

また、「たまに運動するといつもあちこち痛くなってしまって続かない」「もともと運動が好きでない」場合でも、スポーツマインドに自分をもっていく方法についても話し合っていきます。

年齢に合わせた身体の作り方や食事法、適切なエネルギーバーやエネルギードリンクの選び方、筋肉痛や筋肉痙攣のセルフケア法などいろいろな情報が盛りだくさんです。


さらに、今回のワークショップでは「シアバター・マッサージキャンドル」を作ります。
これはキャンドルとして使える以外に、溶けた暖かいロウをマッサージにも使える優れもの。
筋肉の痛みを和らげ、血液の循環を良くする精油も入れます。

b0157197_15412295.jpg


【日時】  10月13日 火曜日 10:30am〜1:45pm
      (ランチが30分入ります)

【場所】  バランス・ナチュロパシック・プラクティス
      (二子玉川駅徒歩5分)

【講師】  前田 アンヌ 
      (オーストラリア公認ナチュロパス)

【参加費】 お一人様 5000円
(レクチャー費、ワークショップ材料費、当日のランチと雑穀スイーツ込み)

【定員】  6名(定員数が少ないのでお早めにお申し込みください)

【お申し込み・お問い合わせ】 
お名前、連絡先電話番号、参加人数、メールアドレスをマザーアース有限会社まで電話又はメールでお寄せください。
 
 電話 03-5758-8397        
 info@mother-earth-site.com

b0157197_15473169.jpg

*ランチメニューは、雑穀エキスパート長谷川のりこさんによる手作りカフェ風ランチです。上の写真は以前のセミナーで出た手作りリコッタチーズと野菜のピタサンド
b0157197_15521737.jpg

こちらは前回セミナースイーツ、羊蹄メロンゼリー

[PR]
by naturopathic_view | 2009-09-18 15:54 | セミナー情報

心で考えていること、過去に起きた出来事と抑圧された感情が、時間を経て身体的症状となって身体に表れてくることがある。
また、どうしてなのかはわからないが自分に起きてしまう症状、というのがある。

特に、肉体的精神的にストレス下に置かれている時に出やすい身体的症状は人によって様々だ。
唇の端のヘルペス、舌の先の痛いデキモノ、関節にでた妙な湿疹、首やあごのガンコなニキビ、頭痛や肩こり、膝の痛みなど、数え挙げればきりがない。
原因もはっきりせず、漠然と「ストレスのせいだから」で片付けられる、マイナーな症状が多い。

こういう漠然としたことは、科学で因果関係をはっきりと説明することが難しい。
しかし、それを形而上学(メタフィジックス)的に説明を付けた人がいる。

ルイーズ・ヘイ。
1926年、アメリカ、ロスアンジェルス生まれ。
幼少時に隣人から性的虐待を受け、また、暴力的な家庭環境で育つ。
後にファッションモデルとして活躍、裕福なビジネスマンと結婚するが14年後に離婚。

離婚後、独学でメタフィジックスを学び、心とからだの関係性の研究を深めた。
後に、カウンセリングを行なう傍ら講演・執筆活動等で彼女の考えを広めていった。

後に子宮頸癌を発症したが、現代医療による治療は受けないことに決める。
かわりに、過去の自分の痛みに向き合い、それを認識し癒し、それまでの思考パターンを変えることで、ガンを生き延びた。

表面的なポジティヴ思考型セルフ・ヘルプの本が蔓延する昨今。
しかし、彼女のアプローチは自分自身と向き合うこと、その痛みを認識して初めて本当の自然治癒を回復することに終始一貫している。
古く深い傷に直面した時に自分に言い聞かせる、回復と癒しの言葉をまとめたものが“Heal Your Body”という小さな青い本だった。

1976年に自費出版された“Heal Your Body”は1988年に改訂、増刷を重ねて、現在まで33カ国25言語に翻訳され、今なお売れ続けている。
80年代に入って、有名TV番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」に出演、司会者のオプラに著作を絶賛されたことからその名は一躍全米に広まった。

ナチュロパシーも含めてここ10年程の自然療法は「根拠のある医療(Evidence Based Medicine)」の考えが強く、本来のホリスティック性をもっては行なわれなかったような治療がなされるようになってきた。
その中で、メタフィジックスで自然療法を説明付けることは、ある意味危険も伴う。

だが、私個人的は「なにか説明が出来ないこと」も含めて1人のクライアントに接することも忘れてはならないと思うのだ。
世の中には、説明できないし目に見えないけれど重要なことが、よっぽどたくさんある。

そんなことの集合体が、人間なのではないか。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-09-06 09:53 | クリニック
8月に行なわれて好評だったセミナー「胃腸の健康をまもるには」が浜松町でアンコール開催されます。
前回参加ができなかった方、この機会にぜひどうぞ。

【日時】 9月14日(月曜日)10:30~13:00 
【場所の詳細とお申込み先】
ヨーガ教室 『Kafu〜』にお問い合わせください。
b0157197_17411083.jpg

今回の雑穀スイーツはキッシュの予定です。お楽しみに!
[PR]
by naturopathic_view | 2009-09-04 17:43 | セミナー情報