在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

6月9日に予定しているセミナー「自然療法によるこころのケア・ストレスとパニック」に参加予定のヨーガインストラクターさんが、短い時間ではありますがセミナー中にヨガのテクニックを実演してくださることになりました!
皆で一緒にポーズしてみることも出来そう!

オフィスでも簡単に出来るストレッチでからだを伸展し、コリや疲労を防ぎ仕事中のストレスを軽減しましょうというコンセプト。

適度な運動はナチュロパシーでは欠くことができない大切な項目ですので、ヨーガのプロフェッショナルとのコラボレーションによって自分自身が学ぶことへの期待も大です。
短い時間ではありますが、どんなことを教えてくださるのか本当に楽しみです。

今回来てくださる先生のブログヨーガ生活楽しみませんかでは、呼吸法のコツやからだのコンディショニングについてのトピックも盛りだくさん、ぜひアクセスあれ!

6月セミナーの定員はまだ少し空きがありますので、ストレスマネジメントについて興味のある方はぜひご参加ください。

b0157197_21111050.jpg

[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-25 21:33 | セミナー情報
昨日はセンター北ノースポートモールにある、ナチュラル&ハーモニックプランツにて行われた、「医者にもクスリにも頼らない生き方:ナチュラル☆ライフ実践「速習!!120分セミナー」に参加してきた。

ナチュラルハーモニックプランツは、有機農法からもさらに人の手を取り除いた「自然栽培」による農作物を取り扱う専門店である。
ここで取り扱う商品は食品だけではなく、衣食住に関するほとんどすべてがそろう大きなショッピングフロア。
ここだけ見ているとアメリカ西海岸のホールフーズスーパーマーケットに居るような錯覚を憶える。
農薬だけなく肥料を使うことにも疑問を持ち、どのように有ることが本当の自然なのか、ということを徹底的して問いつめ、納得出来る答えを提示出来る商品だけをあつめた本来の意味でのセレクトショップだ。

現代農業のあり方の問題点を丁寧に検証し、一見良く見える有機農法の穴にも鋭く言及してくれたこの講演で、私達が本当に必要なものは何なのかを改めて考えさせられた。

自分自身はいくつもの自然療法を個人にカスタマイズしてトリートメントを提案して行くわけだけれど(通常は。ディトックスはこの逆で引き算のトリートメントである)、このショップの哲学ではそれすらも「不必要」となる。
Into The Wild, 怪我はなめて治す、ぐらいの気合いが入っているのだ。
個人的にはこういう考えは大好きで、だからこのセミナーでは賛同できる部分も多く楽しく聴いてきた。

人は様々な文化的/社会的バックグランドを持ち、今ある個人を形作る。
答えはひとりひとり違うし、どうあってもいい。

重要なのは、本当に自分に必要なことをよく考えて、納得して選択することなのだと思う。
そういう、こころが自分の自然にちゃんと向かって行ける柔軟性や自由さみたいなものが何より大切なのではないかな。

b0157197_1724371.jpg

とっても美味しかったナチュラルハーモニックプランツレストランのランチ。
野菜のおいしさはさすがでした。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-24 17:28 | Coffee, Tea, or Me
大学の2年目以降はどうなったの?と質問があったので、久々に当時のことをアップすることにします。

私の通ったナチュロパス養成校では「本当の地獄は2年目以降から」というのが、校内では定説であった。
2月に新学期が始まると各教科の最初の授業で先生から学期中のアサインメントと試験のスケジュールを渡される。

2年の1学期の最初の週がおわり、向こう何ヶ月か自分のスケジュールを見ながら自分がこれをすべてこなせるとは到底信じられなかった。
一年生の間は忙しいと言っても、週末に友達と出かけたり夜ディナーを食べに行ったりする暇があったのだ。
2年になってから、それでなくてもわずかな社交生活はゼロになった。

さて、オーストラリアでは留学生に週20時間までの就労許可が与えられている。
多分多くの留学生が、この労働による貴重な収入を当てにして生活のプランを練っているし、自分もそうだった。
生活のために仕事は必要、しかしそのために勉強時間は確実に削られる。
最初から英語で憶えて理解していかないとテストに間に合わない。
結果的に日本語はその後8年自分の生活から消えた。

限られた時間内で英語で習ったことを理解し、それに応用を加えて自分の理解度をクラスで示して行くことに限界を何度も感じた。
憶えることがあまりにも多く、充分な理解をする間もなく次の課題へと進まなくてはならないことに納得もいかなかった。

でも、英語が自分の第一言語でないことは明らかに不利だったけれど、結局は誰にとっても楽なコースではなかったのだ。
英語ネイティヴであろうがそうでなかろうがそんなことに関係なくクラス全員が大変な思いをしていたのだ。

あのころ、ひとりひとりがそれぞれのストレスを抱えていて、それは自分の子供達や夫や家族について、財政難、離婚や結婚、出産と死別、持病やその他様々な心配事から成っていた。

今思うと、勉強することを常に最優先することのできた自分はいちばん楽だったのではないか?

人はほかの人間にはなれないから自分のことしか本当にはわからないわけだけど、自分がいちばんかわいそうなことって、よく考えるとあんまりない。
というか、ぜんぜんない。

でも当時はそんなことを思う暇もなく、あっという間に一年が過ぎた。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-20 13:06 | オーストラリア留学関係

交信していこう

「ナチュロパスの目」は半分壊れた通信機器のような人間だ。
あれ壊れてるのかな?と思うとまだ動いている、そんな感じ。

これまで自分であちこち治してきた。

最近結構よく動くようになって、他の人にも「こうするといいよ」と言ってあげたり出来るようになっている。

自分で治すこつって人それぞれで、だから人から学ぶことも多い。
他の人の存在って大事だ。
人と出会って、比べ合ったり、教え合ったり、拒否されたり、受け入れられたり。

交信することを止めないで行こうと思う。

今日まで出会った人、ありがとう。

皆さんに生かされてきたなあと、本当にそう思います。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-18 15:26 | Coffee, Tea, or Me
今日はフェアトレードシアバターのマザーアーススタッフとして3つの学生団体が主催するフェアトレードイベントに参加してきました。
講演は社長に任せて、私は今回ワークショップの担当だったのですがこれが本当に楽しかった!
マザーアース代表のブログもぜひご覧ください。

学生主催ではあるけれど、限りなくプロであろうとする若いスタッフさんたちを見ていると清々しい気持ちになりました。

自分のワークショップでここまで参加者からパワーをもらったことってなかったかもしれません。

いやー、彼らを見ていたら日本の未来は明るいという気持ちになりました。
彼らが社会人になるのが楽しみです。

自分が渦中にいるときって大変すぎてわからないかもしれないけれど、ひたむきで一生懸命な姿勢って人を動かす力があるものです。
私はもうオバさんなわけだけれど、こういう部分は忘れたくないものだなって思います。

それにしても今どきの学生さんはずいぶんかっこいいプレゼン資料作るんですね。

うーん、負けた。。。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-16 23:22 | セミナー情報
いつも私のセミナーで、雑穀を使ったお菓子やランチを手作りケータリングしてくれるノリコさんが自由が丘/奥沢で、そのおいしさと奥深さについてレクチャーしてくれます!

雑穀の持つ素朴さと質感や歯触りといったものを大切にしつつも、美味しく美しく仕上げるテクをじっくり学べるチャンスですので、お時間のある方ぜひ一緒にいかがですか?

おいしいお菓子とお茶もついて2時間の楽しいセミナーになりそう、私もこの日はノートと鉛筆を持って生徒になりにいきます!

新しい出会いもとっても楽しみです。
b0157197_1261674.jpg
これは3月セミナーのキッシュのランチ

雑穀セミナーへのお誘い

近年、健康志向の高まりとともに注目されている「雑穀」。
その栄養バランスの高さは、私達の健康や美容にどのような利点をもたらすのでしょうか?

第1回目は、雑穀についての文化・定義などをやさしく解説します。
2回目からは、あわ、きび、など一つの項目にについて解説しながらご庭で出来る「簡単レシピ」をご提案していきます。

一軒家のサロンで、優雅なティータイムとともにお楽しみ下さい。                      
<予定している内容>
☆雑穀とは
☆古代と雑穀
☆世界の雑穀と日本の雑穀
☆雑穀食が21世紀の日本を救う

場所 グランナチュール(2Fサロン)
   世田谷区奥沢4-25-3 03-3748-8877
   地図はこちら

日時 5月25日(月)13:00~14:30

参加費 4000円

定員 8名

☆お茶とスイーツ付きです☆

講師: 雑穀エキスパート 長谷川 のりこ

参加申し込み先:ハーモニックサロン グランナチュール

フリーダイヤル:0120-278-360 tel:03-3748-8877


b0157197_1253684.jpg


[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-10 12:16 | セミナー情報
先月行ったディトックスのセミナーが好評だったので、今月19日に自由が丘のグランナチュールさんでもう一度ディトックスについてトークを行います。皆様ぜひご参加ください!

ナチュロパシック・セミナー
冬の間にたまった老廃物を速やかに排出し、身も心も軽くなるための家庭でできる安全なディトックス法をご紹介します。

日時:5月19日(火) 10:30 - 12:30

場所:ハーモニックサロン グランナチュール
   東京都世田谷区奥沢4-25-3  
   自由が丘駅から徒歩12分 奥沢駅から徒歩2分
   地図はこちら

講師:前田 アンヌ(オーストラリア認定ナチュロパス)
受講料:5,000円


体内に蓄積された毒素の排出を促すことをディトックス(英語で、Detoxification 解毒)と言います。日本では昔から春先に苦みのある野菜を食し肝臓の働きを刺激する食の伝統がありますが、これは全く理にかなったことなのです。

今回のセミナーでは、このディトックスを様々な角度から検証し、からだの中で起きていることを理解し正しいディトックスがご自身でできるように、わかりやすく楽しい解説をします。


参加申し込み先:ハーモニックサロン グランナチュール
フリーダイヤル:0120-278-360 tel:03-3748-8877

[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-09 23:03 | セミナー情報

雨で心のケア

前回セミナーのため、日本人の死亡原因をリサーチをしていたときのこと。
びっくりしたことがある。

厚生労働省の調べによると、悪性新生物による死亡が現在は年間約32万人とトップだったけれど、実は自殺にによる死亡の方が多いのである。
年間約35万人。

東京の朝のラッシュでは人身事故によるダイヤの乱れが週に何度もある。
多すぎてあまりニュースにもならない。
事故があるごとに電車が遅れて振替輸送が行われるだけど、いちばんびっくりすることはものの1時間もしないうちにダイヤが正常に戻ってしまうことかもしれない。

今月のセミナーテーマが「心のセルフケア」であるため、連休中は参考文献を読みあさっているうちになんだか暗い気持ちになってきてしまった。

さて、重いテーマではあるけれど、だからこそ自分でできること、自分を取り戻して行くプロセスに取り組む力を持てるよう、参加者の方々と話し合えると言いなと思う。

少しダウンしていても、「これならできそう」という気持ちになれるような、シンプルで自分に優しくできる小さな解決法をできるだけ紹介したいと思います。

さて、人にとって雨は鎮静作用がある。
ものすごく心配性だったり、ストレスのある人、雨の音を聞きながらお風呂に入ることをお勧めする。
ただじっと雨の音だけ聞きながら湯船につかってみると、かなりリラックスできる。

雨の日だけの、特別リラックス法である。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-05-07 01:46 | Coffee, Tea, or Me