在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

NV, 8年ぶりの東京

今日は東京から投稿している。

この8年で町も人も、良くも悪くも、驚くほど変化していた。

インターネットのアクセスが限られているので、あまりブログに時間がかけられないのが残念。
来週あたりからはもうちょっとできると思うけど。

逆カルチャーショック状態の今週のNVである。
実は、元気があまりない (渋谷の人ごみでエネルギーを使い果たしたようだ)。

でも、昔の友達に一人会うごとに、ちょっとずつ元気になりつつある。
自分で自分の時の流れをしっかりと作り、周りに惑わされない、心が強く美しい私の友人たち。

彼女たちがいてくれて、本当によかった。

私も、しっかりやらねば、と気を引き締める今日は、天気もよい。
[PR]
by naturopathic_view | 2008-10-28 13:07 | Coffee, Tea, or Me

エキナセア ー追記ー

「ナチュロパスはGP(医師)と同じようなことをするのですか?」という質問があったので、誤解のないように追記したいと思います。

7歳男子はうちのクリニックにくる直前に、医師に風邪に伴う扁桃の腫れを診断してもらっています。
彼のお母様は、なるべく本人の治癒能力を尊重したい考えを持っており、念のため抗生物質の処方も受けたうえで、医師の同意のもと来院されました。
正直言ってこのようなケースは稀ですが、このお医者さんは代替医療について大変オープンな考えを持った方で、このように彼からリファーをうけることがたまにあります。

ナチュロパスの行うコンサルテイションは、予防医学におけるクライアントの教育がメインなので、病理診断を行う一般の医師とは役割が全く違います。

私の場合、医師による診断が必要だと判断したケースでは、ナチュロパシーによるトリートメントを始める前にクライアントは先のGPにリファーします。

現代医療とナチュロパシーは歴史的にあまり折り合いが良くないのですが、連携がスムースに取れる良い関係を築き合うことが、クライアント中心型のトリートメントでは特に重要だし、お互い学ぶところもたくさんあると実感します。

このGPについてはまたの機会に投稿したいと思います。
かなり変わっていて、面白い人なので。
[PR]
by naturopathic_view | 2008-10-03 15:58 | メディカルハーブ

エキナセア開花

物理的に時間がないと、じわじわと精神的飽和状態になってくるものである。
時間って作ればあるものだが、これは落ち着いて平静な気持ちでいると出来ることだ。
気分的に追われていると、これはかなり難しい。
近頃とても忙しく、ばてているかも。

と、そんなことを言っている間にエキナセアが咲き始めた。
免疫システムの働きを高めるスーパーハーブである。
この写真は2年目のエキナセア パープレア Echinacea purprea。
開花してから4、5日たつ頃から、花の真ん中がむくむくと高さを増してくる。
そして満開時には、中心部がトウモロコシの先端みたいに突き出すのである。
E. パープレアは高さ1.5m以上に育つので、コテージスタイルの庭作りにグラディエーションをつけるのに良い。

b0157197_16114872.jpg


我が家では育てていないが、同じファミリーで別の品種エキナセア. アンガストフォリアは高さ50cm程度にしか育たないうえ、花も3年待たないと開花しない手間ひまのかかるハーブである。
パープレアよりも薬効効果が高く、当然値段も高い。

味はどちらの品種も、ひどくまずい。

インフュージョン(お茶)でですら飲む気にならないが、秋冬の風邪の予防対策に試してみたい人はどうぞ。
エルダー、カモマイル、ミント、ヤロウとブレンドし、レモンをぎゅっと搾って蜂蜜を少し入れるとかなり飲める味になる。
乾燥ハーブを買う時は温度や湿度の管理をしっかりされているものを買うこと。
植物アレルギーの気になる人は、葉や花でなく根を試すと良い。

クリニックでは上記2品種をブレンドしたアルコール抽出のリキッドを使うが、この味が苦手な人のために錠剤も用意している。
このリキッドを舌にドロップしてみよう。
舌がびりびり叫ぶのが聞こえると思う。
苦みと同時にしびれがヴァイブレーションを起こすのだ。

先日7歳男子が風邪で喉を腫らしクリニックにやってきた(お母さんとです)。
エキナセア含むハーバルフォーミュラを処方したが、このとき「このミックスは大変ひどい味だから飲むのにすごく勇気がいると思う。でも君は勇気のある人だと信じて良いですか?」と聞いた。
そのときは元気なく頷く彼だったが、今週すっかり良くなって学校の返りに顔を見せにきた。
「全然平気だったよ〜、たいしたことないじゃん!」とかなり得意顔であった。

彼の舌はどうかしているか相当強がっているかなのだが、まあ治ってよかった。
[PR]
by naturopathic_view | 2008-10-02 16:13 | メディカルハーブ