在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

カテゴリ:栄養療法( 11 )

手塩にかけて開発したシア・ヘアケアシリーズ 初紹介です!
b0157197_2156824.jpg
新商品 シア・トリートメントワックス スパイシーバニラの香り

もともと「今までなかった大人っぽい香りのブレンドをつくりたい」という希望がマザーアースKさんにありました。
シアバターが髪質や手触りを劇的に変えてくれること、そして地肌を健康にすることなどは研究で立証済みだったので、じゃあヘアスタイリング剤としてつくってみましょうかという運びになったのです。

シアバターをたっぷり、髪に必要なミネラル成分も補える海藻オイルも惜しみなくブレンド。
香りも試行を重ねましたが、大人あま〜いバニラをジンジャーとペティグレンオレンジで、ぴりっと引き締めることに。

40代の女性が香らせていて、かわいすぎず、怖すぎず(自分も気をつけないと!)。
ほどよい大人感とセクシーさがにおう、そんなヘアフレグランスになりました。

髪のボリュームが多すぎて梅雨が恐ろしいと言っていた友人が、これを使って泣いて喜んだ一品です。
また、白髪染めで髪からツヤがなくなってしまった別の友人は、ダンナさんより手放せないとジョークを飛ばすほど気に入ってくれました。
使ったあと、そのまま肌にすり込んでもいいスタイリングって、大好評でした。

なによりも、近頃完全に女を失いつつある私の姉の、「この香りで私なにかを取り戻したような気がする」というコメントがいちばん嬉しかったかも。(妹として、ちょっと心配になるくらいぱさぱさだったんです。)
髪だけじゃなくて、彼女の顔にもうるおいが戻りました。

あなたは取り戻したいものがありますか?
スパイシーバニラは少しだけですが、助けてくれるかもしれません。

ご購入はマザーアースのショッピングサイトからどうぞ。
[PR]
by naturopathic_view | 2010-06-14 21:58 | 栄養療法

今日のお買い物★テンペ

b0157197_17402063.jpg

ナチュラル・クルーさんにてアフタヌーンティーを頂きつつ食材のお買い物です。
今日はテンペを購入。
テンペというのは、インドネシアの大豆発酵食品ですが、ネバなし納豆と言えばわかりやすいかもしれません。

納豆は苦手だけど大豆食品を食べたいとか、豆腐は飽きたとか、ちょっと肉っぽく料理したいとか、そんなあなたにピッタリのテンペ!
くせがなく食べやすく調理済みなので、ブロックにカットしてトマトソースに入れたり、崩してミートソース風に仕上げたり、香草パン粉焼きみたいにしたり、シチューに肉っぽく入れてみたり、簡単にボリュームのある野菜料理が出来ちゃいます。。。
また、胃の負担なく良質のたんぱく質を取るのに重宝する一品。

時間のないあなた、このままかじってもOKです。
でも美味しく食べるなら、オーブントースターでかりっと焼いて、おかか+大豆マヨ+青のり+ソース(ほとんどお好み焼き状態か)をテンコ盛るぐらいの手間をかけると、かなり充実のスナックに!
[PR]
by naturopathic_view | 2010-03-26 17:40 | 栄養療法
b0157197_97353.jpg
 
世の中は3連休!でしたが、私ときたら食べ物に当たってしまいました! 
なんということでしょう。。。

こんなときは、水分を絶やさず暖かくしているのがいちばん。

写真は、大根おろし入りの温かい梅醤番茶(作ってくれたKさん、ありがとう!)。
風邪のひき始めにも、こんな軽い食あたりにも、また疲れた時にも、私にはいちばん効果があるようなのです。

b0157197_1711980.jpg
梅醤番茶が簡単に作れる練り梅の瓶詰めは、マクロバイオティックの食品を扱うお店で買うことができます。これはマザーアース愛用の一品、もうなくなりそう!

さて、効果あってか、今日はすっかり元気になりました!
(それにしても、食あたりで寝込むとは不覚です、、、)
[PR]
by naturopathic_view | 2010-03-24 09:07 | 栄養療法
b0157197_12264655.jpg

毎月第2火曜の定例セミナーランチで、メニューのどこかに必ず登場するフラックスシード(亜麻の実)&フラックスシードオイル(亜麻油)。
「どこで買うの?」という質問をいつも頂くので、今日はお店をご紹介します。

ナチュラル・クルー

東京・二子玉川商店街にあるマクロバイオティックベースの小さな自然食カフェ&食材店です。オープンして間もないものの、すでに商店街にほっこりとした色みを加えている素敵なお店。
大手チェーンの健康食品店で扱わないようなレア食材があり、そのうちのひとつがフラックスシード。これを発見した時は、驚喜しました。。。

ナチュラル・クルーさんで扱っておられるのは、ガデリウス社のカナダ産フラックスシードです。
写真は種だけなのですが、「脳力を高める 記憶と集中力を上げるには」セミナーリポートと共に商品パッケージがのりカフェブログに紹介されています。
袋も見たい方、ぜひチェックなさってみてくださいませ。

フラックスシードオイルもセミナーでは、毎回おなじみの食材ですね。
私自身使ってみて納得できる高品質のものが、ここでは手に入ります。

亜麻の実は女性の強い味方!
ホルモンバランスも肌や髪も美しくしてくれる成分がたくさん含まれているので、次回の「ナチュラルビューティー 美しくなる自然療法」でも詳しく解説したいと思います。

b0157197_12572211.jpgさて、二子玉川のナチュラル・クルーカフェにはおいしいスイーツ&自然食メニューがたくさんあります。

写真はオーガニックコーヒーとくるみのたっぷり入ったチョコレートマフィン。でも、小麦粉を使わずお豆腐と米粉をミックス、さらにキャロブでチョコレート感を出しています。甘み抑えめなのに物足りなさがなく、最近いただいた自然派スイーツの中でもトップ3にランクインの美味しさ。食べながら「おいしいマフィンにであった時のダンス」を踊りそうになったNVでした。

ナチュラル・クルーさんのネットショップでは、北欧雑貨や素敵なインテリアグッズも入手できます。

自然食=茶色、のイメージを覆すセンスの良さと味、ちょっといただいてみませんか?
[PR]
by naturopathic_view | 2010-03-14 13:16 | 栄養療法
すっかり秋めく今日この頃。
食べるものも冷麺やサラダは自然と欲しくなくなり、暖かい食事がしたくなる。

さて、禅寺の精進料理で朝食によく出るお粥。
これからの季節にぴったりの、身体が暖まる朝ごはんだ。

すったゴマをたっぷりとかけたり、具を里芋やサツマイモなどの芋類や、大豆や小豆などの豆類にすると腹持ちが良くなる。
たまご粥も消化によく、一日のスタートにぴったり。
豆類は毎日用意すると大変だから、一度にまとめて調理しておき小出しに使うと楽だ。

低温のクロックポットがあるともっと楽で、夜のうちに雑穀やお米、根菜類、豆、クコの実などを水かだし汁と一緒にポットに入れて、スイッチをオンにするだけ。
翌朝には栄養たっぷりのおいしいお粥が出来上がる。

洋風お粥といえばオートミール (Oatmeal)。
UKの影響を強く受けるオーストラリアではスコットランド風にポリッジ(Porridge)と言う。
お水か牛乳とカラスムギを1:4の割合で火にかけ、沸騰したら弱火にして5分程度たまにかき混ぜながら煮る。
お好みでドライフルーツを加えると砂糖を加えなくても甘みが出ておいしい。
お通じの気になる人は、ふすまを混ぜたポリッジを食べると良い。

ひんやりする秋の朝、ちょっと早起きしてお粥の朝ごはんはいかが?
[PR]
by naturopathic_view | 2009-09-20 10:36 | 栄養療法
追記:糖質2.5%のほうが吸収がいいのでは?とご指摘いただきましたので、私のレシピよりも糖度少なめに作るといいかもしれません。(8/28/10)


人は汗をかいて体温を一定に保つので、 夏の高い気温のなかではどんどん汗をかく。
これはとってもいいことだ。
ただし、失われた水分はしっかり補給をすることが大切で、これは特に子供やお年寄りに重要である。

今どきはいろいろな清涼飲料水が出回っているけれど、水分補給はベーシックな水で充分。
ただし、体内の水分を調節する大切なミネラル、特に塩分を補うことは重要である。
これは食事から補ってもいいし、あるいは疲れたら麦茶に漬け物、というおやつでもいい。

水分補給は通常は室温で、冷房環境にいるときは暖かくして、が基本だ。
温度が体温以下の水分はあっという間に消化器系を冷やし、その結果血流が鈍くなる。
冷えたオフィスで仕事をする人は、熱い梅醤番茶やレモンやショウガをたっぷりと搾った紅茶やハーブティーもいいだろう。

「水分補給はベーシックな水で」と書いたけれど、スポーツをするときや夏の外出時などには体に吸収されやすいお手製スポーツドリンクを持って歩いてもいい。

基本の作り方:

水 800ml
お好みの天然果汁100%ジュース 100~200ml
自然塩 小さじ1/2
重曹小さじ1/4

重曹を入れると体液に近い弱アルカリ性になり、浸透が良くなる。
また、疲れを吹き飛ばしたい人は、これにクエン酸を小さじ1/4~1/2を加えるか、レモンジュースをしぼりこむとよい。

真剣にスポーツをする方、トレーニング中に飲むスポーツドリンクは糖が全体の5%以下になるように作ろう。(炭水化物を全体の5%以上含むスポーツドリンクでは、お腹が痛くなったり吐き気がしたりします)

また、小さい子供には薄めて飲ませるとよいと思います。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-08-09 09:00 | 栄養療法

20%増量!

3月にディトックスをしてから3ヶ月ちょっとがたった。
近頃からだが微妙に重たくなってきたので、もしやと思い体重計に載ったら、あれっ増量しているではないか!

これには訳がある。

我が家から30m離れたところに「シュクレペール」というおいしいケーキ屋さんがある。
HPを見ていただけるとわかるとおりクラシックな洋菓子を丁寧においしく作るところなんだけれど、種類は少ないもののパンやデニッシュもあり、週末用特別パンの調達もできる。

ここのパン生地はまるでお姫様が召し上がるような、白い小麦粉と卵とバターがたっぷり入った、ふわっ+もちっ、皮はかりっで、一口で幸せになれるほどおいしい。

自然療法に従事する身としてこういうパンは「クリスマスか誕生日用」と普段は粗食をすすめるわけだけど、このおいしい引力に私はあっさり負けてしまった。
人間て弱い、、、。

コーヒー風味の新鮮なクリームを、たっぷり入れてあるブリオッシュ「ブリちゃんカフェ」は特にお気に入りで、ほとんど一日おきに買いに走っていたのである。
「ぶりちゃんカフェ」は、セミナーのランチをお願いしているスイーツグルメのりカフェさんも「こ、これはおいしいですね!」と唸る一品。

こんなおいしいものオーストラリアじゃ食べられないもんね、と言い訳しながら「ブリちゃん」をほおばっていたつけは、いみじくも20%増量という結果に。

7月セミナーは「ふとるメカニズム・やせるメカニズム」だというのに、ふとるメカニズムを着実に実践してしまった自分である。
ということは、やせるメカニズムも実践しないとね、ということで先週からウェイトコントロールプログラムを開始することになった。

40代50代のからだは、余分に入ってくるエネルギーを燃焼させるだけの基礎代謝が昔とは違うから、毎日の食生活にブリちゃんがひとつ加わったことによる影響はあっという間に出てしまう。
もう、毎日そういうものを食べている余裕はないのだ。
余裕は運動量をあげることによってしか、でてこない。

いろんな減量法が巷にあったり流行ったりしているけれど、人間のからだが自然に脂肪を落として行くしくみにハヤリスタリはないのだ。
となると、生化学的に効率のいい健康的なやり方を、そのひとのからだに合わせて選ぶことが成功の秘訣といえる。

みんなを幸せにしてくれる「ブリちゃんカフェ」。
そのありがたみを、今度は月に1回くらいは味わえるようなからだづくりをして行きたい。
[PR]
by naturopathic_view | 2009-06-24 16:19 | 栄養療法
以前の投稿「オーストラリアのサプリメント事情」にちょっと捕捉です。頂いたコメントの中で少し考えた部分があるので、、、。

オーストラリアのビタミン剤を含むサプリメントはピンからキリまであります。

ピンはプラクティショナーオンリー Practitioner onlyと呼ばれ、ナチュロパスなど専門家のコンサルテイションを受けることが購入の前提となります。
私がクリニックで使うのもこのラインです。

キリは大量生産されたビタミン剤やなんかで、Over The Counterと呼ばれ、スーパーや薬局、ディスカウントビタミン店などで売っているものです。

キリでも効果があるものもありますが、ほとんど気休め程度というものも多いです。
品質と効果が一定でないため、クリニックで使うことはありません。

オーストラリアで、サプリメント類を購入するときのポイントとして幾つかあげておきます。

店内にサプリメント用の冷蔵庫がある。
日の射すところにサプリメントを並べたりしていない。
ナチュロパスが常勤している。
体格や年齢、性別、アレルギーの有る無しなども考慮して店員がちゃんと相談にのってくれる。
商品の良いところと共に、欠けているところも説明してくれる。

オーストラリアのビタミン剤は日本のものより含有量が多いと思われがちですが、
そうとも限りません。
また、最適服用量は個人によって違うので、一概に多ければ良いというものでもないのです。

サプリメントというのは摂取量よりも、吸収率の方が重要だということを憶えておきましょう。

なんでも質問をして納得をしてから買いましょう。
うるさそうな顔みせたり、質問がよくわかってないけど解った振りをする店員はオーストラリアではいっぱいいますから、そういうお店で散財するのは止めましょう。

自分がそうだから言う訳ではないですが、本当に自分の症状に適したサプリメントをとりたい場合、ナチュロパスからコンサルテイションを受けるのが一番です。

最近ではナチュロパスが常在している薬局も増えていて、個人開業よりは問診料が安く設定されているので、試してみるのも良いと思います。
[PR]
by naturopathic_view | 2008-07-30 18:24 | 栄養療法
ナチュロパシーを含む補完代替医療の利用者は欧米やオーストラリアではここ20年ほどで大変増えています。

2000年に発表されたオーストラリアにおける 補完代替医療利用状況の調査では、回答者のうち2人に1人は過去に補完医療を受けたことがあり、回答者の23.3%は過去に補完代替医療のスペシャリストを訪ねたことがある、となっています。

一般消費者が医薬品にかけるほとんど4倍もの金額を、補完代替医療による治療と健康食品にかけているという結果もありました。

現在オーストラリアの健康ブームはすっかり定着している状態で、健康食品産業が大きなマーケットであることがわかります。

有機農業による野菜や果物、穀物、豆、肉や卵などを食卓の中心にすることは素晴らしいことなので、これはどんどん広まって欲しいところです。

サプリメントについては、もう少し複雑な問題があります。

オーストラリアの健康食品コーナーに並ぶ多くの特にハーバルサプリメントに言えることですが、製造/販売元での商品の有効性を実験データで示しているものはほとんど無く、その商品の効果は有効性を実証した他からのデータを利用することにより、その商品も効果有りと示しています。

これがどういうことかというと、例えば。

ある植物の葉に含まれる成分Aをアルコールで抽出し、その有効性を示したリサーチが発表されたとします。

ある会社が「なるほど、じゃあこれで新しい商品をつくろう」とそのリサーチ結果を利用して、その植物のカプセルを作って販売することにしました。

しかし、そのカプセルを製造するにあたってその会社は植物の葉も茎も花も全て含めて乾燥させたものを原料にしています。

しかも有効成分Aはアルコールでないと抽出されないものでした。

ではこのカプセルの効果は?

栄養剤にしても、原料はどこから入手してどのように精製しているのか、合成か天然か、重金属テストはしているのかどうかといった表示もあったりなかったり。

これらのサプリメントは Over the Counter(OTC) と呼ばれ、薬局やスーパー、格安ビタミン店、チェーンの健康食品 等に行けば、スペシャリストのコンサルテイションなしで購入が出来ます。

何十とあるOTC栄養剤製造会社の中で、私自身が「この会社の製品はある程度信頼でき、誰かが健康増進に使用したとしてある程度効果が期待できる」と言える会社は、そのうちの2、3社です。

先に述べたように、たくさんの人が健康維持増進のため積極的に消費をする時代ですが、オーストラリアの経済状態はこのところ停滞気味。

金利の上昇やガソリンと食料品の高騰で国民は「絞られている」という感覚が拭えません。

それでも自分の健康管理を自分でしたいという主体性のもと、健康がある程度買えるものなら、サプリメント等には払おうという気持ちがあるわけです。

栄養剤等の製造販売会社は、安全でもっと信頼のおける商品を供給しなくてはならないし、商品の質を高める努力も怠るべきではないでしょう。

この記事の参考文献を見たい方はこちらへ
[PR]
by naturopathic_view | 2008-07-14 16:28 | 栄養療法
身体にやさしく、自然治癒力を高め、健康維持増進効果抜群で、奇跡をも呼ぶ(かもしれない)ナチュロパシーの食事法とはいったいどんなものなのでしょう?!

それは、精製されていず全体のままを残している食物で(Whole foods)、なるべくなら有機栽培で収穫されており、特に豆や穀物や野菜等植物性の食品と魚からなるバランスの取れた食事ということになります。
これにアルコールを控え、たっぷりと水をとることと適度な運動を加えると完璧ですね。

え〜それっきり? そうなんですよ。
健康改革の草分け東條百合子氏が昭和30年代から提唱されていることです。
いや、江戸時代に貝原益軒が説いている、、、。

研究の進んでいる現代では、食品中に含まれる何がどのように効果を発揮するのかということが広く解明されるようになりつつあります。
しかし、人の身体に取って本当に良い食生活の基本に古いも新しいもありません。

さて、簡単そうに思えるこのナチュロパシーの食事法、いざ実践するとなるとはじめはなかなか難しく、奥深いものだということが解るはずです。
今の自分の食事に何が欠けているのか、何をどのようにいつどれくらい食べたら良いのか、自分に取っての最適なバランスはあるのか、など疑問がいくつも出てくるはずです。

これからナチュロパシーの食事法を実践してみたいという方、始める前に何も考えずに食事日記を1ヶ月ほど付けることをお勧めします。
これにより現在の自分の食生活を客観的に分析することができます。
持った疑問の答えがある程度解り、さらなる回答への手掛かりになるはずです。
[PR]
by naturopathic_view | 2008-07-13 13:12 | 栄養療法