在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

カテゴリ:Life, Cafe & Food( 4 )

先週の週末に、4kmのマラソン・レースに参加してきました。
大人になってからは初参加の陸上競技です。
b0157197_102598.jpg

オーストラリアはスポーツ大国、これから暖かくなると一般参加ができる様々な競技レースも目白押しに。

今回参加したSri Chinmoy Marathon Team主催のレースは、4km、7km、21kmと三種類。
b0157197_1035352.jpg

ビギナーからベテランまでがシドニーのセンティニアル公園に早朝集合し、距離が長いレースから開始してゆきます。
b0157197_1055083.jpg

4kmは参加費15ドル。
給水はもちろん、エネルギー補給のフルーツ、さらにはパンケーキの朝食もついて来ます。

さて、今回マラソンに参加して初めて、Sri Chinmoy シュリ・チンモイ (ウィキペディアリンク) という人のことを知りました。

1931年インドのベンガル生まれ、USをベースに活躍した運動選手ですが、2007年に亡くなるまでスポーツを通じて博愛・平和・自己超越を提唱した、哲学者、ヨガ指導者でもありました。

自身が素晴らしい運動選手であるのと同時に、スピリチュアル・リーダーでもあったシュリ・チンモイ。

エントリーのタイトルも、彼の言葉。

あらゆる事象から自由に、そして内的な平和を目指すことから世の中をよくしてゆこう、という思想の持ち主。

彼の運動能力の高さは短距離・長距離などの走りだけにとどまらず、重量挙げや、テニス、ボディービルディング、ハイジャンプなどにもおよび、その身体能力の高さには驚嘆せざるを得ません。

私がおや?と思った業績が、2002年にニュージーランドで羊を1000頭持ち上げたというもの。

翌年にはオーストラリアで牛を100頭持ち上げています。

71歳で羊1000頭って、、、、、。

(ところで牛や羊は全部乗っかるまでじっとしていたのだろうかと、素朴な疑問を持った私。インターネットでチェックしたところ、ケージに入れて持ち上げている写真を発見!)
b0157197_10445825.jpg

センティニアル公園には馬場があり、走っている脇で馬も散策していました。

当たり前のことですが、「走る」と「歩く」よりも早く進みます。
この早く進んでゆく感覚は、実際身体を使って体感すると、とても気持ちがいい。

もちろん、心拍とのバランスがあり息切れもしますし、距離がのびれば疲労は蓄積し、エネルギーの消耗とともに、苦しさも増すわけですが。

人間は存在そのものが先に進むようにできています。

歩こうが立ち止まろうが、精神的にも肉体的にも変化し続ける生き物です。

じっとしていると、自分の変化はなかなかわかりにくい。

でも、走る/歩くという行為で身体そのものにある程度の負荷をかけることにより、自分の中の疾走感を感じてみると、自分が変化のなかを生きていることが身体でわかることができるものです。
b0157197_10582974.jpg

フィニッシュしたらフルーツで糖を補給!

私は18位/25人、4kmを30分ぐらいかけて完走しました。

持病のため激しいカーディオエクササイズを避けており、私のタイムは小学生の部トップ3よりだんぜん遅かったですね。
b0157197_1171961.jpg

13歳以下の部で優勝した女の子のタイムは大人の7、8位/25人に相当!
この子達が、未来のオーストラリアスポーツ界を担うアスリートになるのかも、、、、。

歩かずに走り続けることが今回の目標だったので、私はそれだけでもう満足ですよ。
b0157197_1111169.jpg

さて、お待ちかねのパンケーキ!
パンケーキマシンと化した女性が、がんがん焼いてくれます。
b0157197_1115237.jpg

メープル風シロップ、ブラウンシュガー、はちみつ、濃縮果汁還元レモンジュース、ヌテラまで用意され、パンケーキテーブルには長蛇の列が!

普段精製小麦を食さない自分にとっても、誰かが作ってくれたとなればそれはごちそう。
こんなときは遠慮なく、美味しくいただいてしまいます。
b0157197_1142941.jpg

さて、美味しいコーヒーを飲みに、ダーリングハーストにあるカフェ、The Goodsに移動。
ここはたくさんの野菜と果物から、好きに組み合わせてオーダーできる美味しいオーガニックジュースが特におすすめ!
ナチュラルフードカフェであると同時に、ユーズドブックストアでもあり、奥まった静かなテーブルでじっくり本を吟味できます。
b0157197_12232786.jpg

朝走って、週末ブランチもして、家に帰ってもまだ1時過ぎ。

早起きすると一日が長く得した気分に! 

この日は夕方から走った後のストレッチもかねてヨガに出かけ、夜はのんびり。

b0157197_11361188.jpg

レースに誘ってくださったmielさんがiPhoneで撮ってくれました。

自分では考えもしないことに、人と交わることで好奇心のアンテナが立つのは刺激的。

自分はレースに出ようなんてまず思わないから、誘っていただき本当にうれしかった日曜日でした。


"Run and Become.
Become and Run.
Run to Succeed in the Outer World,
Become to Proceed in the Inner World."

走って、走りになれ
走りになって、また走れ
外の世界で成就し、
内なる世界を進み行くために、走れ

シュリ・チンモイ
[PR]
by naturopathic_view | 2011-09-13 13:01 | Life, Cafe & Food
市内のここかしこでマーケットが開催される週末のシドニー。
b0157197_13141261.jpg

b0157197_13145821.jpg

昨日は友達と、毎月最初の土曜開催のサリーヒルズマーケットへいきました。
ヴィンテージの雑貨と古着が安いので知られています。

お天気もいい週末のカフェ O Organic produce で、友達と朝食でキャッチアップ。

おいしい朝ご飯とマグのカプチーノで元気もりもり、さあ歩く歩く!その模様は、素敵な写真とともにVA' VOVE TI PORTA IL CUORE でどうぞ。

いつものことながら、カメラもiPodも家においてきてしまった私。
だめですねえ。。。

サリーヒルズでの今日の収穫はキッチンタイマー。
b0157197_11493447.jpg

うちのオーブンについているタイマーがどうも壊れているようで、ひとつ買わないとと思っていた矢先に心ひかれる一品に遭遇!

1960年代にイタリア人デザイナーPio Manzによってデザインされ、その後ずっとITALORA社で生産され続けているクロノタイマー。

インダストリアルなシンプルさがカッコいい。
40年以上も愛されてMOMAにも殿堂入り。

私のは1970年代生産のホワイトモデルを8AUドルでゲット。
ジジジっと鈍い音をならして、まだまだ働いてくれそうな様子です。

関心空間でクロノタイムの時計は復刻版が出ているとありますよ。
黒もシャープで素敵。

さて、以前に撮ったパディントンマーケットの模様を何枚か。
b0157197_10384572.jpg

b0157197_1030945.jpg
b0157197_10291469.jpg

つい靴に目が!
b0157197_10401112.jpg

パディントンマーケットは、市内のマーケットの中ではやや高め。
ヴィンテージ古着を探すなら、私は迷わずOxford StのStVinniesへ直行いたします。
b0157197_1226735.jpg

こちらは先日GLEBEのVINNIESで買った直径14センチのほうろう鍋。
両方のとってと、ステンレス蓋のつかみはセラミック、80年代かな?
熱伝導がいいので、ラタトゥイユをさっと作りたい、というときに重宝しています。
b0157197_139275.jpg

サリーヒルズのヴィンテージを見ていると、60−70年代日本製アイテムがけっこう目につきます。
高度成長期のMADE IN JAPANは、食器、電化製品などいろいろ、けっこう高値!

昔懐かしい花柄デザイン、分厚い色付きガラス食器など、我が家でも母が台所にそろえていたものでした。

今見ると懐かしく愛しく感じるし、実際未だに丈夫で長持ち、使い勝手と機能性も備えています。

日本がものすごくがんばっていた頃の名残り、感慨深いです。

2000年代に生きる私たち日本人は何を残していくのでしょうね?
[PR]
by naturopathic_view | 2011-09-04 13:27 | Life, Cafe & Food
b0157197_15564445.jpg
オフィスのすぐ裏、ブラックワトル湾にはシドニー大学のボートハウスがあり、ここからロゼール湾をぐるりと回ってアナンデール北部までウォーターフロントの公園になっています。

最近まで公園には飲食施設はなかったのですが、2010年にオープンしたのがブラックワトル・カフェ。

左にアンザックブリッジ、右手にフィッシュマーケットとシドニーシティーを、対岸から眺望できる数少ないベストスポットカフェです。

Blackwattle Cafe
(↑クリックするとシドニー・モーニング・ヘラルドのリビューが閲覧できます)

55 Leichhardt St, Glebe,
New South Wales 2037

b0157197_14204370.jpg

1896年に建てられ、イタリア風の装飾が美しいビクトリア建築で、ベルビューハウスと呼ばれています。
シドニーの歴史建造物のひとつでもあり、オーナーはシドニー市。
b0157197_1423484.jpg

このカフェがお勧めな理由。

1. 眺めがいい。
2. 豆乳にBONSOYを使っている。
3. お茶関係はティーバッッグではなくて、リーフティーをポットサービスしてくれる。
(テイクアウトでもちゃんと葉っぱから作ってくれます。急ぐ人には向かないかも)
4. ホームメイドのジンジャーアイスティーが美味しい。
b0157197_18381739.jpg


(注意1)上記を除いては食事メニューも味もスイーツも全て「ふつう」です。食材やナチュラルさも、まあふつう。眺望料を上乗せした値段どおり、そこそこ美味しいものが出てくるところ。

そういうわけで、メニューの写真は撮ってもなんてことないので載せていません。

(注2)週末は混みます(テーブル席確保のため長い列が)。暇な時間帯はサービスも悪くないのですが、週末には期待できません。

本当は勧めていないのでは?と思われそうですが、そんなネガティブさもすべて好立地が相殺してくれます。
b0157197_1837862.jpg
 
この眺めを前に日頃のストレスもどこへやら、デートにも最適です!
b0157197_14243774.jpg

食事をするなら私なら素直にASTORへ直行しますが、このカフェの正しい利用法はひとりでも二人でも、「平日水辺を散歩中にコーヒーをテイクアウトしてベンチで休む」ではないかと。

ベルビュー・ハウスはかつてベネチアと呼ばれていたこともあり、天井が高くてとても素敵。

ギャラリーでもあり、その時々でフューチャーするアーティストを変えているそうです。
b0157197_1430696.jpg

たまにテーブル席に陣取ったと思ったら、横でお兄さんが掃除ですよ。。。

そんなところもオーストラリア!な雰囲気が満喫できます。


人が多い南グリーブから離れ、落ち着いた雰囲気を楽しみたいかた、ぜひどうぞ。

グリーブポイントロードとは違ったグリーブを味わえると思います。
[PR]
by naturopathic_view | 2011-08-28 15:29 | Life, Cafe & Food
食べるところはいっぱいあるけれど、自分好みのちゃんとした食べ物が食べられる飲食店は、探さないと見当たらないのはどこの都会でも同じですね。

ベジタリアンやヴィーガン、そして(自分も含めて)Natural Food Loversにとっては、外食は計画的にいかないとがっかりすることも多かったりします。

友人と豪華バンケットディナーに参加、しかしそこで自分が食べられるものはサラダとトマトソースのペンネしかないことを発見、デザートもありきたりでがっかり、しかも割り勘でもっとがっかり!とか(我ながらセコいですが)。

そんなわけで、このようなマイナーな不幸を軽減できればと、個人的に出没する範囲内ではありますが「ナチュラルな人のためのEAT OUT in SYDNEY! 」を今後徐々に載せていこうと思います。

まずは美味しいレストラン激戦区、Surry Hills.


Nada's Lebanese Restaurant

(02) 9690 1289
270 Cleveland St
Surry Hills, 2010


先週末、すぐ近くにあるBelvoir St Theater でコメディーを見るため、8時の開演に合わせてNada's Lebanese Restaurantへディナーに行きました。
お店は金曜の6時半でほぼ満席!予約無して入れたらラッキー。
b0157197_2239924.jpg

ここのお料理はオーセンティックでシンプルなレバニーズ。
ベジタリアンでもオーガニックでもないけれど、伝統的なレバニーズを丁寧においしく作って良心的な値段で食べさせるお店。
野菜料理が豊富で、ベジタリアンフレンドリー。
こってりしたおじさんウェイターのサービスは、さらにフレンドリー。

これまで私が食した限り、フムス、レディーフィンガー、揚げ茄子、パンダ豆とほうれん草の煮込み(コリアンダー風味)、ファラフェル、コフタ、お米と野菜がフィリングのトマトソースのロールキャベツ等、どれも美味!

味付けは家庭的ながら上品な仕上げ、量も多すぎないのでグループでシェアするといろいろ食べられます。

豆の煮込みやロールキャベツはじっくり煮込んだ優しい味。
オイルを使う料理も油っぽさがなくて、食後に胃がもたれません。

暖めたレバニーズブレッド、グリーンオリーブ、ピクルドチリは各テーブルにもれなくついてきます。

ガールズ3人で4プレート頼んで全員お腹は満足、飲み物込みでひとり20ドルもかからず、金曜夜のCheap Eat Outとしては100点!

化学調味料不使用、野菜も含め食材は新鮮なものを丁寧に調理しています。
スターターからメインまでベジタリアンメニューが多いので、Meat Loversと仲良くディナーできるのも高得点。

私は牛豚羊鶏カンガルー関係は食べませんが、友達は「ラムコフタおいしいー♥」と言っていました。
たぶん何を食べてもはずれがないのではないかと。

この近辺にはレバニーズは何件もありますが、ここがダントツ美味しくてサービスもいいです。
ちなみにローズウォーターで絞りたてのレモンジュースを割ったドリンクは、私のお気に入り。

でも食べるのに忙しくて写真を撮るとか、全然考えませんでした。。。。
今度ちゃんと撮ってきますから。
b0157197_2239596.jpg

メルボルンと比較すると小規模なシドニーの演劇。
そのなかで、Belvoir St Theaterはおもしろい舞台を提供している有名な劇団。
ニコール・キッドマンやメル・ギブソンも劇団オーナーとして名前を連ねています。
写真は2010年スケジュールのブックレット、かわいいデザインですね。
b0157197_22443053.jpg

劇場のカフェカウンターにはスネークのグミが!
色が毒々しくて、駄菓子感が漂います。

お腹も満足、さて開演です!
演目NEIGHBERHOOD WATCHはこちらでどうぞ。
役者もストーリーも上出来、楽しいお芝居でした。
[PR]
by naturopathic_view | 2011-08-13 22:45 | Life, Cafe & Food