在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

ナチュロパス養成校について

オーストラリアのナチュロパス養成校は国内にいくつもありますが、ホメオパシーの有る無しなど、コース内容には各校でばらつきがあります。
これにより卒業時に習得できるディプロマにも若干違いが出てくるかもしれません。

学校選びをする時は、自分の学びたいモダリティを事前によくリサーチすることをお勧めします。
しかし、ナチュロパシーのコアである臨床栄養学とメディカルハーブは必ず教科に含まれているはずです。

ナチュロパスの養成校は3種類あります。
1.プライベートカレッジ
2.大学
3.通信制

現在、卒業時に習得するAdvanced Diploma of Naturopathy(ND) の保持が、ナチュロパスとして活動する前提ですが、学位(BHS)の習得が出来るコースもあります。

現在ナチュロパシーを含む補完代替医療業界では、将来的にみて学位習得をするのが望ましいという風潮になってきています。
オーストラリアのナチュロパスは民間団体によるセルフレギュレーションシステムですが、ナチュロパスの基準の統一と国レベルでの登録システムを確立するように業界が政府に働きかけています。

通信制でのAdvanced Diploma of Naturopathy保持者は、この登録が現実的に来たときに、ナチュロパスのスタンダードに満たないあつかいになるのではないかといわれています。
そういうわけで、今後のことも考えると3の方法は勧められません。

BHSを取るには、コースのある学校に最初から入学する方法のほか、Advanced Diploma of Naturopathyを先に取り、卒業後大学でBHSにアップグレードするやり方とあります。
私は後者を選びました。(こっちのほうが学費が安くすんだので)
現在までAdvanced Diploma of Naturopathy 保持者を対象に、BHSのアップグレードコースを向けているのは、Charles Sturt University と Southern cross Universityの2校です。
これは両方とも通信制で1年から2年かかります。

ホメオパシーをナチュロパシーのコースに入れている学校の場合、基礎を2年やっておしまいですが、もし続けてこのディプロマも取りたいという場合は、パートタイムでディプロマ習得に必要なユニットを続けて取って行けばいいのです。

ホメオパシーがコースになくても、あとで別の学校に行ってホメオパスになると言う手もあります。(私にはそこまでの情熱はありませんでしたが)
コースは4年です。

どのモダリティも、このようにあとから追加習得できますが、自分の持久力と財政状態と相談することが大切だと思います。

それと、一番大事なのは誰が教えてくれるのか、です。
特にメディカルハーブと臨床栄養学に言えますが、各専門分野のプロが臨床経験に基づいた知識をじかに教えてくれることが必要な教科というのが、やはりあるのです。
学校を選ぶとき、オープンデーに行くだけでなく、授業を見に行くとか、講師や在校生と直接チャットすると良いでしょう。

NHAAの事務局にメールしても聞いてもよいと思います。
ここはナチュロパスの登録数圧倒的にが多いのでナチュロパシーの現状をATMSより把握しているからです。

終身雇用というシステムのないオーストラリアでは、良い先生たちは待遇の良い学校にどんどん移動してゆきます。
Advanced Diploma of Naturopathyを取るうえで、私が個人的に、いい先生が集まっていると言えるのは以下の学校です。
*Western Sydney University(NSW)
*Southern Cross University(NSW)
Australian College of Natural Medicine (VIC)
*Southern Schools of Natural Therapies(VIC)
Australian College of Natural Medicine (QLD)

*マークは特に2008年現在評判が良い学校です。

とはいえ、なんといっても個人の勘みたいなものが一番大事だし、大学事務局がものすごく親切で生徒の面倒を良く見てくれ、施設が整っていることなどもカウントして最終決断してください。

以上はこれからナチュロパスを目指すみなさんへ、でした。
あくまで参考としての投稿記事ですが、お役に立てれば嬉しいです。

Good luck!
[PR]
by naturopathic_view | 2008-08-21 23:56 | ナチュロパシーのABC