在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

最近の恋バナ

ごく最近オーストラリア人の友人カップルが破局した。
彼は地質学者、彼女は雑誌エディター、円満な事実婚は7年目にさしかかるところだった。

彼Mがアフリカ出張の折、トランジット先のドイツで元カノSとキャッチアップをしたところ、そのまま二人は再燃してしまったらしい。

アフリカからの「これからヨーロッパで暮らす。もうオーストラリアには戻らない。別れてくれ」と電話一本で、まる6年の関係が一瞬にして消えた友人Kは言葉も出ない。

絶望、というにも控えめな言い方なぐらい、それまでの暮らしは粉砕してしまった。
Kはデンマーク出身、堅実で暖かながら遊びのある家庭生活も大切にしてきた人だ。

シンプル&スタイリッシュなデニッシュ・デザインのインテリアに鮮やか色の手作り布小物で味を付けるのが彼女のスタイル。
イタリアンや北欧料理が得意で、丁寧にテーブルセットされた素敵なダイニングで、私はよくディナーをごちそうになった。

私はもともとは彼の友人として彼女と知り合ったが、アートや文学の好みが似ている彼女とはすぐに親しくなった。
彼は「家は寝るだけ」「食事は必要だから食べるだけ」というタイプ。
二人が一緒になってから、研究/仕事一色の無機的な彼の生活に、彼女の色、味、においが加わるようになり、彼は自分の豊かな内面を惜しまず表現するようになった。

別れはいきなりやってこない。
やっぱりそれなりの伏線があり、積み重なって飽和したなにかが、ふとした拍子に表面化したに過ぎない。

傷跡生々しい彼女の苦悩はこの先しばらく続くだろうから、できるだけ力になりたい。

ところでドイツの元カノも私の親しい友人である。
途上国開発援助のスペシャリストで、信念と実行力に忍耐も兼ね備えた人だ。
優しさと配慮のある正直さ(この反対はdead honest/バカ正直というやつでしょうか)を持った素晴らしい女性。

ただし、彼女と一緒になる限りは、途上国に長期滞在する覚悟と異文化を楽しんで吸収してゆく鷹揚さが余儀なくされるのも事実。

どちらかというと、普通の男子には手が届かないのがSである。

彼Mは40代、味も素っ気もないまじめな科学者を絵に描いたような人だが、その実すごく暖かいいい奴だ。
まじめさの反動か、たまにクレイジーな自分を確認せずにおれなくなる。
自分のための確認作業のはずが、周りも巻き込んでの大騒ぎになることが以前にもあった。

そんなずれたところが愛らしいのだが、落ち着きすぎると確かにつまらなない仕事男になりやすく、そのあたりで物足りなさを感じたことが、昔SがMを振った理由となった。

それぞれ別の道で成長し、再燃した二人、今後どうなるのだろう?
(2回も同じ理由で振られたら、Mに「ものたりない男」の烙印がおされるのは間違いない)
暗闇にいるKはどう立ち上がれるだろう?

どちらにしても周りもハラハラ、フェイスブックは炎上な今日この頃。

それにしても、他人の恋バナでハラハラする自分も、ちょとねー。。。
[PR]
by naturopathic_view | 2011-11-28 10:27 | Coffee, Tea, or Me