在シドニーのナチュロパス、前田アンヌのブログ です


by naturopathic_view

ナチュロパスの目、催眠療法を受けるの巻

実のところ、過去3ヶ月程睡眠パターンが崩れていて、調子が今ひとつぱっとしない状態が続いていた。

早朝ヨガに参加して、強引にリズムを整えようとしたが改善せず、いよいよなにか手を打たないと悪化しそうな予感がしてきたので、初めて催眠療法にトライすることにした。

自分で薬草やサプリを飲んでもいいのだが、ちょっと考えることがあった。

不眠障害にはいろいろと種類があるけれど、ほとんどのケースがストレスに関係があるか、ストレスによる不安・心配によって自律神経が乱れ、結果的に睡眠のリズムとホルモンが崩れることに関係している。

慢性不眠障害で心身ともに疲れきっている場合は、ハーブでもメラトニンでも処方してまず自分を寝かせるだろうが、そこまで自分の状態は悪化はしていない。

何かを飲まなくてはいけなくなる前に心理状態を見直そう、ということで選んだのが催眠療法。
ときには、他の専門家のアドバイスを素直に聞くことも必要だし、自分が完全に正直にまた素直になるために友達のセラピストでなく信頼できる他人を選んだ。

今回トライしたのは Past Life Regression 、退行催眠による前世療法と言われるもの。

結果から言うと、私は催眠にはかからなかった。

でも、かからなかったことによって見えてきたことがあった。

催眠療法を受けたその夜は、サイコロジスト(心理療法士)でナチュロパスでもある親友Cとディナー。

で、どうだった?という彼女に、「最初から最後まで意識はあったし、その状態で誘導されるままにビジュアライゼーションに集中していた感じ。

でも、それも上手くいかなかったというか。。。

I felt like I stuck in my brain  (脳で行き詰まったって感じ)なんでだと思う?!」と正直な感想を伝えたところ、

「そりゃあ、あなたが頑固だからじゃない?」とばっさり。

そんなことは言われなくてもわかっているのだ!

だいたい、物事をなんでも素直に受け入れる性格だったら、物書きもナチュロパスもやってないって。

目の前の症状がなぜ存在するのか、質疑応答を裏から表からしつこく繰り返さなければこの仕事は成り立たない。

「セラピストを信頼していないわけじゃなく、ちゃんといい人選んだと思っている。

自分の前世がなんだったのか知りたいのではなくて、無意識下の自分にタッチすることによって、現在の自分をより理解したいというのがポイントなんだしね。

そういう意味では収穫あったと思う。

ていうか、セラピストがちゃんとまとめてくれるプロだったのかも」と、微妙な想いをCに返す。

「じゃあ催眠療法のハイライトは?」

「退行催眠の誘導中、自分でボートをこいで川を渡るイメージを続けていったら、たどり着いたところにとってもかわいい幸せ一杯のボーダーコリー犬がいて、その犬になって楽しく過ごしたこと」

「その犬から受けた教訓は?」

「100%、ただ犬であれ」

「解釈する必要もなく、あなたの願望そのままね」

そうなのだ。
催眠に陥らないなりに、誘導に沿ってイメージをつなげていくことにより、無意識に考えていることは浮かび上がってくる。

催眠にかからない=心を開いていない=流れに身をゆだねない=状況に抵抗=本来の自分から遠のく一方

心の深い部分では、自分に何が起きているかちゃんとわかっているし、どうすればいいのかもわかっている。

たとえどんな理由があっても、自分自身であり続けること。

睡眠障害も、そのあたりで横道をそれたことにありそうな、心当たりがあった。


ま、330ドル払って「催眠にかからない疑り深い頑固なやつ」って今更わからなきゃいけないことなのかね?と、突っ込みを入れたい自分もいる。

でも、お財布に痛い思いをしてでも受けたアドバイスは貴重だから、肝に免じて人生に生かしたい。

曲げない性格なら、聞く耳ぐらいは持たないと、ね。
[PR]
by naturopathic_view | 2011-09-23 22:30 | クリニック